ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ケッパ君イラスト

こんにちは。
今日から7月。ジト〜と暑くなってきましたね。
暑いと冷たい物ばかり飲んだり食べたりしたくなりますが、冷えには注意してくださいね。

本日は、先週からツイッターで連載を始めた「週間ケッパ君」について。
ブログの方ではある程度纏まったら連載しようと思っています。

連載用のケッパ君のイラストをデザイナーにお願いしたところ
とっても可愛い作品にしてくれたのでもっと人目に触れなければ勿体ない!

と、思いイラストだけ先行してお見せしちゃいます。
 

20167117053.jpeg

なんとポップで可愛いこと!

20167117313.jpeg
 

デザイナーさんでも絵が上手な方もいればそうでもない方もいるそうなんですが、ブランのデザイナーは皆絵が上手!
やはり衣装のイメージなどを細かく表現、再現するためには絵は上手い方が良いですよね!

 

高校のダンス部や大学のサークルなどで、衣装をご検討中の方々。
衣装のイメージがあってもなくても、ブランのデザイナーなら
皆さんの思い、をカタチにするお手伝いがもっともっと出来ますよ。

どこのお店にしようか悩んでいたら、先ずはお電話ください。
ダンス衣装のことなら、ロッシュブランにお任せです!
 

グルジア国立バレエ団

こんにちは。
本日は、管理人が比較的最近知りかなり衝撃的な出会いだった、グルジア国立バレエ団について。

まずは、バレエの前にグルジアという国。
それどこ?と思う人も多いのではないでしょうか?
いつもあのあたりはゴタゴタしてますし、国がなくなったりとかであまり日本人には伝わらないニュースも多い地域ですよね。

wiki 地域性を詳しく知りたい方はウィキってくださいね。

201662410519.png


場所はこの辺。カスピ海と黒海に挟まれた小さな国。ジョージアは英語での言い方です。

2016624105223.png

国旗です。が日本人の私にはこの国旗見てああ〜!あそこね!とも思わないほどある種馴染みはないです。
馴染み深い方はごめんなさい。

そんなグルジア、民族衣装がとても可愛いく、踊りもすごい。
ベースになってるのはもちろんバレエなんですが、かなり民族色が強くて・・・・
と、百聞は一見にしかず。

切れッ切れ!ですごい。この中盤にある、つま先立ちからブリッジで起き上がる技!
身体能力が比較的高い管理人に習得出来ないものかとチャレンジしましたが、つま先と足首を鍛えていないと出来ないんだとチャレンジしてしみじみ思いました。
足が痛くて無理なんですよね〜。

 

こちらは、グルジアのPRっぽい作りにもなっており、衣装の種類が豊富で、とにかく可愛い!
しかも踊っている女性の美しさといったら・・・管理人は女ですが鼻血出そうです(笑)

衣装、踊りの良さだけではなくグルジアにも行ってみたくなりまして、オープンクラスがあれば是非現地に行って一度レッスンを受けてみたいと本気で熱望しています。

地域柄、バレエの要素はふんだんですが、男性は軍服姿でコサックダンス的&旧社会主義的な匂いが踊りにも混じってますね。

ちなみにコサックダンスは、ロシアじゃなくてウクライナが発祥なんですよ。
初めて知った時はかなり驚きました。

何にせよ、戦いの為の体づくりのとしての動きから、だんだん舞踊色が強くなっていき今の形になったのは言うまでもありませんが。
そう考えると、戦争の合間合間に踊ってたんですから、日本人とは違ってある種陽気ですね。

衣装については、東欧とトルコが混ざった何んとも言えない可愛さ!
物によっては、ジブリ映画を連想するようなのもあったりで。

日本に誰か呼ばないかなぁ〜と思っています。
生で見たい!

 

と、ここまで書いて落としどころがわからなくなってきましたので、今日はこの辺で。


 

夏至

こんにちは。
本日は夏至です。一年で一番明るい時間が長い日。

冬至から夏至に向かっては日がどんどん伸びていきますが、夏至が来ると
これから夏の始まりなのに、日はまた一日一日と短くなっていきます。
気分的には夏に向けてもっともっと日が伸びていくようなイメージがありちょっと不思議です。

夏至というとあまり、日本では全国的に何か。というのがあまりありませんね。
それは、稲作の日本ではちょうどこの時期には田植えにあたり忙しいのでかまっている暇がないから。と、色々調べたところありました。

一瞬なるほどとも思いましたが、こう言った行事は大体が中国から来て日本の貴族階級が楽しみだしたものが、ほとんどであろうはずな事を考えると、田植えってあまり関係ないような気がしますが・・・。

 

ところ変わってヨーロッパ。
1年を通して日照時間が短いので明るい時間を皆で楽しむため、飲めや歌えや、踊れや!

 

↑スウェーデン夏至祭

 

↑ラトビア夏至祭

民族衣装に身を包み、フォークダンスを踊る姿は楽しそう!
そして、民族衣装が可愛いですね

 

 

本日、東京は増上寺で「キャンドルナイト」というイベントがあり
夏至に絡めて、電気ではなく蝋燭のあかりで夏至を楽しむイベントが開催されるそうです。
すぐそばにある、東京タワーも環境省が推進する「co2削減・ライトダウンキャンペーン」に賛同し20時から22時の間はライトダウンをするそうです。

現代の新しいカタチの夏至の楽しみ方もなかなか面白そうです。
本日はあいにくの雨と、遠くの方はイベントへ参加は難しいという方でも、自宅でキャンドルナイトを楽しむのも風流かと。
電気を消して、キャンドルで自然の光で過ごしたり、お風呂にキャンドルをともしたり・・・。
2016621124817.jpg
ヨーロッパスタイルで踊り明かすのも良し!風流に静かに自然の光ですのも良し!

 

皆さんはどちらにする?

ギャザースカート

こんにちは
ただ今製作中のアイドル衣装のスカート。

オーダーされた方の業種柄、衣装の全容をいち早くお見せ出来ないのが残念なのですが
本日はギャザースカートについて。

2016617115055.jpg
※スカートの膨らみはパニエを中に着せています。

均一に綺麗にギャザーを入れるのはなかな難しいんだそうです。
これは美しい出来だと社内で自画自賛です!


このスカートを見て、名称は「フリルのスカート」と私などは思っていたのですが、ギャザーなんです。
 

フリルと何が違うのか?の質問にデザイナーが詳しく教えてくれたところによりますと
布を寄せて行くというのは全く同じで、結果も同じなのですが用途が違う事によって言い方が変わり、同じ技術で裾などにあしらうとフリルに。

へぇ~~!

私など、ギャザースカートと言えばウエストにゴムを通して寄せてるタイプの事かと思っていました!
これはもちろんウエストはゴムなどではなく、一枚一枚寄せて縫っています。

ちなみに、フレアースカートについても教えてくれました。
フレアーは布を沢山使って、ウエスト部分は寄せないで、平なんだそう。

 

余談ですが、以前に知人がフレアースカートを自作したところ布を18メートルも使ったと言う話を思い出しました。
布屋さんで買って持ってくるだけでも重そうですよね・・・・

 

デザイナーによると、ぽっちゃり体系の方にはフレアーがお勧めとのこと。
というのも、ウエスト部分がどうしても布を寄せた分が出るので、平なフレアーの方がスッキリさせることができるそうです。

 

スカートをご注文の際に悩んだら参考にしてくださいね!

七夕

こんにちは。
6月ももうすぐ半ば、時間がたつのが早すぎてビビッている管理人です。
梅雨が明けたら、夏本番ですが、その前に七夕~。


皆さん、七夕と言えば何か思い出はありますか?
管理人は二つ、あるんです。

 

一つは子供の頃、父に連れて行ってもらった地元の七夕祭りにて。
かき氷が食べたいと言い、買ってもらって食べて暫らく後・・・・めちゃ寒気が!?

父に寒い・・・と話すと、かき氷なんか食べるからだよ、バカ。
というような事を言われ家にたどり着いて熱を測ったら39℃の高熱があったという。
夏風邪はバカがひくとはよく言ったものでその典型です(笑)

もう一つは、日本舞踊「流星」という演目が非常に印象深い思い出。
このお話をざっくり説明すると・・・
舞台は七夕の日の雲の上で、年に一度牽牛と織女がしっぽり逢っているところへ
流星が「ご注進~ご注進」と駆け込んできて年に一度しか逢えない二人に雷夫婦の痴話喧嘩を細かく聞かせ夜明けが近づくころ流星が帰っていくお話し。

 

なんじゃそりゃ?!って感じです。
一年のたった一日の日に人の夫婦喧嘩の話を聞かされたんじゃたまらないですよね(笑)

日本の行事は大体が中国由来の物が多いのですが、七夕も例に漏れずやはり
中国から奈良時代に伝わり日本の「棚機津女」(たなばたつめ)

という伝説と混じったそうです。

中国由来という事で、この演目の衣装は中世の中国風なんだそうです。
演目関係なしに、一般的に七夕と言うと天女のような衣装のイメージですよね。

そもそもがあの時代はもろ中国の影響を受けていますから、まぁ身分の高い人は中国っぽい恰好ではありますが・・・

 



2016614125423.jpg

さてコチラ!
デザイン画はロッシュグループの別ブランド「コスミント」にオーダーがあった七夕の衣装。
ナイスタイミングで出来上がってきたのでブランドは違いますが、ダンスイベントや演目によって応用が効くのでご紹介いたします。


201661413824.jpg

↑こちらのちょっとひねったデザインの方はオーダーされませんでしたが、デザイナーから見せてもらった瞬間これは面白い!と思いました。
かつて天界と言われた神話のお話しも科学が進んだ今となってはスペイシーな発想もしっくりきます。

 

七夕と一口に言っても色々なイメージや印象で、デザインすることが出来るボキャブラリーの多さにさすが!デザイナーだなと尊敬してしまいました。

2016614131327.jpg

こちら、デザイナー自ら作業しているのは羽衣部分を浮いているようにするために、ワイヤーを入れています。

 

ちょっとした事ですが、踊りに適するよう、同じデザインでも機能性や
羽衣部分もワイヤーを使うという手法はどこの業界でも同じですが、ブランならではの工夫を凝らしています。

ちょっと、ジャンルが違うかな?と思っても先ずはご連絡くださいね!

 

チームウェアにも!

こんにちは


先日、EXILEののメンバーが出演する、Eテレの「Eダンスアカデミー」を偶然見まして、緑のベロアのウェアが可愛いなぁと思っていたんです。

そうしたところへ、本日紹介するこのウェアが上がってきたので、おお!これは!
ダンス部やサークルなどストリート系のお揃いのウェアに可愛いくて是非お勧めしたいな!と。

ちなみに、その時の番組内容はコンテストに勝てるダンスを作るための特訓だとかで「線路は続くよどこまでも」の曲でキッズが振り付けを作っていました~。

 

※オーダーされたお客様の都合上、全容はお見せできなくて残念です。

201667105627.jpg

素材はベロアで、クラウンのデザイン部分には、なななナント!スワロフスキーを使用しています。

201667105935.jpg

ファスナー部分は激しい動きにも肌あたりが良いようにビスロン(プラスチックみたいなの)を使用しています。

20166711439.jpg

スワロ部分のデザインは、デザイナーが一つづつ石の配置まで細かく作りこみなかなか苦労したそうですが綺麗に出来上がって、頑張ったかいがあったと話していました。
 

スワロなどはかなりご予算がかかりますが、コストを抑えてのご提案も出来るので興味がありましたらお話しだけでもご相談くださいませ。

営業S氏

こんにちは
早いものでもう6月、今年も半分が過ぎましたね。

初夏の香りが時々したりする、梅雨の前の気持ち良いこの季節。
学校のダンス部などはこれから夏の大会に向けて練習が始まるころでしょうか?

個人的には夏のとても暑い季節にダンスをするのはとても好きな管理人です。
汗かきすぎて、こすると垢がでるほど体を動かすのは気持ち良いですよね。
ただ、これからの季節熱中症などには十分注意して踊ってくださいね!

 

さて、本日は新しいカテゴリ「ロッシュの人々」
ロッシュでは色々な面白い経歴を持ったスタッフが必然か偶然か集まっており、
毎日がイベントを企画しているような面白さがある会社なんです。

これは是非、みなさんにご紹介していかなければ!と管理人としては思いまして、
今後ちょくちょく色々なスタッフを面白く登場せせていこうと思っています。


201663153523.jpeg

第一回めは営業のS氏情報から。

 

趣味/フットサル・サッカー

休日の過ごし方/息子と社会人サッカーや小さな子供たちのサッカーコーチなど

好きな食べ物/美味しいもの全部

好きな事/気持ち良い事・汗をかくこと

苦手な事/手紙を書くこと

 

ざっくりしたところのデータです(笑)
 

何故アパレルで営業をしているのか?の質問によると
進路の選択として服飾系の学校でデザインの勉強をまずはしていましたが

何かが違う?となりその道に進むのはやめたそうです。
学生時代の逸話に学生を集めて「コサージュ」を作成したというのを聞きました。

が、営業の持ち味の一つに、話が面白い!という話術にはまり、どんどん笑い話へと発展していってしまいまして、そのコサージュの話を掘り下げそこねてしまいました。

私、インタビューアーとしてダメダメですね(笑)

営業なので、営業ならではの質問も織り交ぜてみようと
人付き合いする上で大事にしていることは何か聞いてみたところ
「相手を好きになろうと思う」と話してくれました。

このやり取りを聞いていたデザイナーが横槍を入れてきました。
「気持ち良い事と汗をかく事が好きで、相手を好きになろうと思う」
そこだけ抜き取ると怪しいねぇ~(笑)と。たしかに!

そして、社内では家族がいるような生活感ある匂いしないねぇ~というのが
その時いたスタッフと話題に上がりました。

それも確かに!時々お子さんが居る話は聞きましたがもう成人した息子さんがいるようにはとても見えない雰囲気なんですよ~。

 

と、一先ずは第一回めは無難な感じでまとめてみました。
今後色々なカタチで紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね。

 

アトリエに打ち合わせなどにいらした際にブログで紹介したスタッフ達がお迎えいたします。
 

バドワイザーダンサーズ

皆さんはバドワイザーと言えば・・・?
私は、LAでバドワイザーを飲んだ時に意外なほどおいしくて
ビックリしたことが印象的です。
気候、湿度などに結果合わせて作られているわけですから、
風土に合っているって大事だなぁとしみじみ思ったことが思い出されました。

 

さて、バドガール!
私なぞ、この衣装を見たらもうすでに古い人間なんだなと思いました。
だって、バドと言ったら白地にラベルをプリントしたボディコンの
イメージだったんですよ(笑)
そして、バドワイザーダンサーズというユニットが結成されていたんですね~。

こちらの衣装は2015年モデル。ニーハイ・シューズお衣装とをブランで制作させて頂き2016年も着用中だそうです。
 

デザインイメージがあったので、それをお伺いさせて頂き黒・赤と言うイメージカラーをベースにブランのデザイナーがデザインしました。
セクシーなんだけど、未来的でありスペイシーにしてみた。とデザイナー(談)

素材には2wayエナメルを使用しました。

動きが激しいので、ポロリなどアクシデントが無いように、
また、肩のデザインが(パワーショルダーと言うそうです)特殊なので、動きやすくするため
パターン制作にも沢山工夫を凝らしたそうです。


20165271516.jpg
※お顔は肖像権などの都合によりお見せすることができないので隠しています。

写真はプロトタイプで、ここからお客様の要望を聞き修正をし、ユーチューブで着用されている完成品へと仕上げていきました。
バドダンサーズの出没場所には、アメリカからやってきたフーターズや夏フェスなどなど。これからの時期、夏フェスは沢山あるので見かける機会も多そうですね~。

201652715033.jpgのサムネイル画像

 


 

デザイン画・ヌードにデザインを描く

こんにちは


本日はオリジナル衣装を製作の際に、デザインイメージをお持ちの方が
どの様にブランスタッフへとイメージを伝えていくかを詳しくご紹介します。

先ず、下二枚のヌード画。
こちらに、思い浮かんだイメージやデザインを、色鉛筆やマジックなどで描きこんでいきます。シューズやヘアースタイル等、当日に予定しているモノがあれば一緒に描きこんで行くと、さらにイメージが膨らんでいきますね。

 

2016520132022.jpg

 

このイラストは大人バージョンですが、年齢や体格に合わせてご用意しています。
※デザイナーにより実際に使うイラストとは異なります。

 

2016520132534.jpg

枠にとらわれず、自由な発想で描いて行ってください。
※着るものという性質上、物理的に表現が難しい場合などもありますので、デザイナーよりアドバイスさせて頂く事もございます。

ステージに合わせ徹底的にイメージした衣装を表現して行いくこだわりはとても面白いですね。
チームウェアなどは、グループで相談しながらワイワイデザインを考えていくのかな?と想像するだけで楽しそうです!
各自こだわりが強いと喧嘩になりそうなので、そこは注意してくださいね(笑)

デザインが固まり、素材など細かい打ち合わせなどが済むと、
いよいよ製作に取りかかり始め、パタンナー・ソーイングオペレーター
が最終的にイメージをカタチへとしていきます。

 

オーダーサンプル

201652013480.JPG

こちらの画像は先日のブログで紹介した、「ドリームチャレンジin立川」
で、子供達が実際にデザイン画のヌードに描き完成した衣装です。

2016520135758.JPG

 

ドリームチャレンジin立川

本日は以前に行ったイベントのご紹介です。
※防犯上子供たちの顔は隠しています。

「キッズドリームチャレンジ・子供たちが創るダンスフェスティバル」というイベント。
このイベントはダンス舞台を、子供たちが職業体験のように創っていくとうもので、
企画・広告・音響・照明・衣装・ヘアメイク・ダンサー
と、それぞれがチームに分かれ一つの舞台を作り上げていくんです!

ロッシュブランでは、デザイナーチーム(衣装)のサポートを担当させて頂きました。

 

201651715738.jpg

こんなに沢山の子供たちが参加してくれました!

201651715939.jpg

デザイン画のボディスタイルという絵型がありまして、人の絵がプリントしてあるイラストがあるんです。
それに子供たちが自由に好きな衣装を描いていきます。

この作業、先に話した通り各チームに仕事が分かれていますから描いた子たち自分自身が着るのではなく、ダンサーの子達が着ることをイメージして考えているんですよ。

制作風景の写真には、社長の武藤がアドバイスをしているところも写っており(左端の白いトップスの女性)
「子供達は枠にとらわれず発想が自由だから、とても面白い物ができた」と話してくれました。

また、別のスタッフからは「筆記用具が鉛筆しかなく、黒だけで簡潔にデザインしたような物が結果すごくカッコ良くできたりした」という、子供ならではの発想&頭の柔らかさを聞くことができました。

2016517152212.jpg

こちらは、デザイナーチームがデザインして作った衣装を着て、本番前にリハーサルをするダンスチームの様子。
ダンスを取りまとめてくれたのは、学校の先生達!

2016517152547.jpgのサムネイル画像
 

そして、本番です!

2016517152740.jpg

 

防犯上あまり子供達の写真がアップ出来ないのがとても残念なのですが、夏休みのワークショップのような性質で行われたこのイベント。

真っ黒に日焼けして、満面の笑顔でスナップ写真に写る子供達を見た管理人も、とてもうれしい気持ちになりました。とある夏の日の素敵な思い出として残ってくれたら、さらにうれしいですね。

このイベントの時は、私はまだブランとはかかわっていなかったので、このようなイベントがあった時には、何かの形で是非お手伝いが出来たらと思っています。

 

また、ブランではこのようなダンスを絡めたイベントの企画・提案などもしています。
子供達に限らず、ダンスや衣装作りの面白さなどを、もっと広めていければと考えて

いますのでイベントのご相談も是非、お待ちしております。

 

次回は、デザイン画を描いて衣装を作って行く、詳しい作業の流れ「デザイン画・ヌードにデザインを描く」をお伝えする予定です!