ホーム>スタッフブログ>ロッシュブランから>生地の特徴(ジョーゼット)
ロッシュブランから

生地の特徴(ジョーゼット)

2020525135328.jpg

2wayの特徴
サテンの特徴

に引き続き、本日はジョーゼットについて。

ジョーゼットというと、裁縫をしない方や洋服にあまり興味の無い方ですとピンと来ない生地ではないでしょうか?
薄く、透け感があり一般の洋服では春夏の洋服に使われることが多い生地で、メインに全体に使用するデザインもあれば、袖だけをジョーゼットにしたデザインなど色々あります。

夏には、涼し気に見えて女性はより一層素敵に見える事でしょう。

 

ジョーゼットの歴史はそれほど古くは無く20世紀の初め
フランスでドレスメーカーを営む婦人服商人「ジョーゼット夫人」の名前かつけられた商品名だったようです。
※参考記事「生地の藤掛」より

 

一般の洋服でももちろん使用されますが
衣装としてや、ドレスとしてもピッタリな生地で

薄く、軽く、ドレープ性に優れているので、得にダンス衣装のスカートに使用すると
ターンをしたと時に浮き上がり、動きがとても綺麗です。

ジョーゼットに似た雰囲気の生地で
「シフォン」があります。

こちらは同じ性質で、より柔らかく、より薄い生地で織りの糸の数が少ない物を言います。

また、「シフォンジョーゼット」と呼ばれる生地もありますが
こちらはジョーゼットのしっかり感とシフォンの薄く柔らかい性質を合わせ持った良さをより伝えたい時の言葉として使われる呼称となります。

 

ロッシュブランの過去作品としましては
ベリーダンス(クラシカル)
高校ダンス部のダンス大会

で、ジョーゼットを使用したお衣装を製作しました。

高校ダンス部のお衣装では、かなり厚みのあるジョーゼットにオリジナルプリントをし、
軽い生地とスカートの動き方にポイントを置かれていて、こちらの生地をご提案あさせて頂きました。

また、厚みの薄いジョーゼットでも
プリント職人の高い技術によりプリントすることも可能です。
オリジナリティの高いデザインをご希望の場合などには、特殊な加工も是非ご相談ください。

 

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★


企画・デザイン・縫製まで手がけるオーダーメイド衣装のロッシュブラン!
各種ダンスウェア(社交ダンス衣装、ベリーダンス衣装、キッズダンス衣装、フラダンス衣装、ヒップホップダンス衣装、ストリートダンス衣装、タップダンス衣装、チアダンス衣装・新体操衣装、などなど)さまざまなジャンルを超え、枠を超えた製作・踊り・イベントなど及びサポート用品を提供させて頂きます。
一点物はもちろん、ダンス部・ダンスサークルなどのチームウェアなどの量産も得意としています。

こだわりに合わせ、あらゆるニーズに対応!ダンス衣装のことは、ロッシュブランにお任せください!

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.rocheblanc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/170