ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ダンス衣装にかける情熱

2020318103558.jpg


 

 

皆さんはダンスに情熱を燃やしていますか?

 

ロッシュブランでは、皆さんのダンスにかける情熱にまけないくらい
情熱的にダンス衣装の製作をしています。

と、言うと大変暑苦しいですが
大げさではありません。

そして、当たり前ですが
まごころ込めて作っています!

 

サイトにいらしてくれた皆様、お衣装製作にあたり
少しでもご質問があれば、とにもかくにもお気軽にお問合せください。

 

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

企画・デザイン・縫製まで手がけるオーダーメイド衣装のロッシュブラン!
各種ダンスウェア(社交ダンス衣装、ベリーダンス衣装、キッズダンス衣装、フラダンス衣装、ヒップホップダンス衣装、ストリートダンス衣装、タップダンス衣装、チアダンス衣装・新体操衣装、などなど)さまざまなジャンルを超え、枠を超えた製作・踊り・イベントなど及びサポート用品を提供させて頂きます。
一点物はもちろん、ダンス部・ダンスサークルなどのチームウェアなどの量産も得意としています。

こだわりに合わせ、あらゆるニーズに対応!ダンス衣装のことは、ロッシュブランにお任せください!

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

 

 

スラング

2020316102631.jpg

ブラックカルチャー④回目
①回目:ブラックヘアー
②回目:マカロニ&チーズ
③回目:映画「ソウルフード」
 

本日は、英語のスラングについて。

いわゆる俗語。日本語にも色々とありますね。
近年ではインターネットが発達したことで、通常会話のみならずネットスラングも沢山できました。

例えばネットスラングから、一般にも浸透した「草」からW
英語圏ではlol

日本語のWは、2ちゃねるから。
英語のlolは、Loughing out loud の略。

 

本日は、ブラックカルチャーにちなみ「ウィガー」というスラングを。

もともと、差別用語のスラングとして「Niggar」(ニガー)という黒人を指す言葉。元の言葉はラテン語の「Negro」(二グロ)からで、他人種から言われると差別用語になってしまいますが
黒人同士では、普通に挨拶として使われています。

上にも書きましたが、他人種からニガーと言われる事を大変嫌うので
間違っても皆さんは彼ら本人に直接この言葉を使いませんように。

 

このニガーから派生したスラングとして「wigger」(ウィガー)という言葉があります。
これは白人のWhite(ホワイト)とニガーを掛け合わせた言葉で、黒人の振る舞いやファッションを真似る白人を言います。
有名どころですと、アーティストの「Eminem」がわかりやすいところではないでしょうか。

 

ブラックカルチャーとは言え、こうして
他民族国家アメリカらしく、色々と融合していくのですね。

 

日本は島国で、単一民族ではありますが
現代においては、そのような意識も少しずつ変わってきています。
人種を表す言葉に限らず、若い皆さんがきっとまた新たな日本語のスラングなどを
生み出していくのだなと、思うととても楽しみであります。

 

マスクの歴史

202031314112.jpg

先日、マスク作りでも紹介しましたが、改めてマスク製作を開始しました。
素材や、模様などはオリジナルで選べる&オリジナルプリントの作成も可能です。
(素材や模様などはご予算によります)

量産や短納なども対応可能。

また、シンプルであり基本の白のガーゼマスクの製作も、勿論可能です。

数や料金、ご納品日などは是非お問合せください。

 

 

さてさて、マスク不足が騒がれすぎて、ふと日本でのマスクの歴史って?
本日はタイトルの日本においてのマスクの歴史について調べてみました。

 

日本においては、明治初期に粉塵除けから付けだしたのが始まりだそうです。
粉塵…道を歩いていてよけたかったのか探鉱などで働く人達が着けだしたのかまではわかりませんでした・・・。

その後1918年のスペイン風邪(インフルエンザ)の予防で注目を集め出し
昭和9年のインフルエンザでマスクが大流行したとか・・。

 

最近では、花粉症の流行が・・・と参考サイトにはありましたが
花粉症の人は、昔は少なかったんでしょうか?

と、横道にそれましたが
花粉症の流行でマスクが注目されたようです。

 

ちなみに、年配の人から聞いた話ですと
大正ぐらいは、ガーゼマスクを洗って使うというのがあたりまえだったので
汚れの目立たない黒いマスクが人気だったとか。

 

昔と今では、黒いマスクを選ぶ理由は違っても、人気があるのに変わりはありませんね。
時代が1週回った感がなんとも言えず考え深いところであります。

 

※参考資料:日本衛生材料工業連合会

 

 


 

 

 

 


 

 

 

映画「ソウルフード」

2020311105552.jpg

画像は転載

 

ブラックカルチャー3回目、本日はブラックムービーから知るブラックカルチャー。
①回目:ブラックヘアー
②回目:マカロニ&チーズ


映画「ソウルフード」
こちら1997年公開のブラックムービー。
監督はジョージ・ティルマンJr
製作総指揮ベイビーフェイス

 

ブラックムービーは沢山ありますが、日本ではあまり知名度がありません。
そもそも、ブラックムービーとは何か、ご存じ無い方も多いのではないでしょうか?

 

黒人をメインキャストとした
アメリカ黒人のコミュニティやカルチャーを主体にした映画のジャンルです。
キャスト全員が黒人だったりします。
 

全体的に、貧困や無学、差別などから生きづらさも有り、暴力的な映画が多い印象ですが
「ソウルフードは」ちょっとほんわか系ですので、学生の皆さんにもお勧め。

 

ソウルフードを通して、家族の絆を確かめ合うヒューマンドラマ。


先日のマカロニ&チーズでもご紹介したソウルフードがタイトルの通り色々と登場しますので
ソウルフードをもっと詳しく知れるとともに、ブラックカルチャーをも知れる作品。

 

ストリート系ダンスやラップなどだけを見ると、黒人文化にどうしてもイキった印象のイメージのある人もいるかもしれませんが、時代や人種に関係なく人の営みの軸たるものに変わりはありません。

 

自粛モードが続く中、練習が満足にできないダンス部やダンスサークルの方も多いでしょう。
先日も紹介したように、自宅で出来るトレーニングなどをしつつ
このような機会に、ダンスにかかわるダンス以外のこういった知識を増やしていくのも一つですね。

 

 

 


 

 

マカロニ&チーズ

202039135630.jpg

先日は、外国のダンスを踊るならカルチャーから。
のお話で、黒人文化でもあるブラックヘアーについて記事にしました。

本日は、ソウルフードについて。

日本でもご当地グルメや郷土料理、B級グルメなどを
ソウルフードと言ったりしますが、言葉の生まれはアメリカ黒人の家庭料理の事を指しています。

 

戦後、食事や生活スタイルの欧米化が進み
日本の一般家庭の食事でも、和食中心ということもないでしょう。

ピザやハンバーガー等は皆さん頻繁に食べるのではないでしょうか?

日本のソウルフードは?
歴史のあるところで言えば、みそ汁、蕎麦、うどん
近年で言えば、カレーライス、ラーメンあたりでしょうか。

 

さて、アメリカソウルフードで上記のような食べ物に当たる料理と言えば・・・?
マカロニ&チーズ、フライドチキン、コーンブレッド

スウィーツ系は
バナナプディングやさつまいものパイ等

 

食べ物でアメリカ!と言えば

アメリカンピザやハンバーガーなどを思い出しがちですが
こちらは白人文化の料理で、今では人種を問わず人気の食べ物ですね。

 

冒頭の画像は、マカロニ&チーズ
こちら、簡単に作れるインスタントの物もネットで手軽に買えますし是非、一度試して頂きたい料理のひとつで、
ソウルフードではありますが、アメリカでは今やピザやハンバーガーに並ぶ人気料理なのです。

料理が苦手な方は、ネットショッピングなどで
手軽に作れるインスタント商品があり、マカロニを茹でてチーズソースを絡めるだけの物も。

料理が得意な方は、作り方も簡単で材料も珍しい物はないので
どちらにせよ、是非アメリカの味にチャレンジてみてください。

レシピは沢山出ていますので、ネットで検索してみてくださいね。

 

ダンサーは胃袋から。
ストイックな食事管理もとても大切ですが、現地カルチャーを知る食事もとても重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックヘアー(コーンロウ・ブレイズ)

202036113045.jpg

外国のダンスを踊るからには、そのカルチャーもとても大事。
動きだけをコピーしてもそれはマネでしかありません。

カルチャーや現地の生活、食べ物などなど、実生活に取り入れなくても知ることで人間にもダンスにも奥行が生まれます。

何回かに分けて記事にしていきたいと思います。
さて、本日はストリート系の髪型のお話から。

 

 

キッズダンスやダンススクールなどのストリート系ダンスの髪型の定番として、日本でも浸透している
コーンロウやブレイズ。

キッズダンスなどで、ワンポイントをサイドに入れているお子さんを色々なところで、良く見かけますね。

コーンロウは、地肌に沿って編み込み
ブレイズは細かい三つ編み

が二つの違いです。

202036121457.jpg

くせ毛でも無い人が本気で、ブレイズやコーンロウにしようと思ったら
先ず美容院で、スパイラルなど強めのパーマをかけます。

髪の長さによりますが、巻くだけでかなりの時間を要しますので
ロングヘアだった場合は、パーマをかけるだけで5時間~8時間ほどは覚悟が必要。

もう、美容師さん総出で巻きにかかりますがとても時間がかかります。

パーマをかけるだけで、1日が終わってしまうので
編むのはまた後日・・・。
 

後日、また美容師さん総出で編むこと5時間以上。
これで、やっと完成!
 

どちらも、この時一日仕事となり、施術されている本人にお昼休憩などはありませんから、お昼ご飯を是非持参して。

 

ここまでして、くせ毛でない人が髪を持たせられる期間は2か月ほどが良いところでしょう。
(編はある程度持ちますが、生え際が限界)

 

体質に合って居ない事をするというのは、とても大変ですね。
逆にブラック系の方は直毛にあこがれる・・・、人とは無いものが良いという面白い現象でもありますね。

話が横にそれました・・・

 

こんなに大変な髪型、実際にストリート系の元祖であるブラックの方はどうしているのか?

親子や兄弟で編み合うのです。

髪を編む作業は、親子や家族の大事なスキンシップの一部。
もともと、彼らは強いスパイラルの人が多いのでほっとくと髪が爆発していってしまうので
そこで、お互いに編み合いっこが家族でのスキンシップ作業へとつながって行ったようです。

 

ちなみに、彼らは髪質がスパイラルで生えてくるので、パーマは当然必要なく、編むだけで
その後、ほつれることもありません。

 

 

実際に、皆さんが手軽にブレイズやコーンロウをしたい時には
ムースなどをつけてから、一度細めのカールで巻き(アイロンでもOK)

そこから編み込むとダンス中の崩れなど気にならく、綺麗に仕上がりますよ。

髪が顔にかかることがないので、うっとうしさが無く踊りにも集中出来ますね。

 

 

ロッシュブランでは、ダンスのテーマに合わせ
お衣装だけでなく、コーディネートやヘアメイクのご提案もしています。
 

是非、ご相談ください!

 


 

 

 

 

 

 

 

ダンス衣装を作ったらいくらかかる?

20203495855.jpg

ここしばらく、カラダ作りに関する事を記事にしてきましたが
本日は、ダンス大会用のダンス衣装をオーダー製作したらいくらくらいかかるのか。

 

 

ロッシュブランのサイトにいらしてくださり
良いなぁ、オーダーしてみたいけど結局いくらくらいするの?

欲しい、作りたい!と思ったら次に気になるのはお値段ではないでしょうか?

 

こちらプライスページでご案内していますが、本日は違った角度から料金のお話です。

 

 

プライスページでは、10着以上で2万円~と記載させて頂いておりますが
いったい何が、どんな衣装で2万円なのか?

 

抽象的といいますか、はっきり料金表などをご案内出来ない理由としまして
どのような生地で、どのようなデザインで、どのような仕様で・・・・。など展開が多岐にわたることと
オリジナルプリントの有無などにより料金が変動します。

 

このように、様々な展開において詳しくご料金の説明が難しく
まずは、お問合せ頂き、直接お話やご相談をさせていただきたいと、ロッシュブランでは考えています。

そのため、お問合せには必ず、ご予算をお伺いしています。
お金をかけたら、かけただけのクオリティのお衣装が出来るわけですが

現実として、皆さん無限にご予算をかけられるわけではなく・・・
決まったご予算の中で、出来る限り希望を再現できるよう

コストを抑えられる部分は抑えてご提案させていただいたり、皆さんのここだけは譲れない!というお衣装の希望は
叶えていける、ご提案をしております。

 

素材選びなどはお話を伺いながら
スカートの浮き感が欲しい!とにかく軽い生地が良い!や
お値段重視の素材が良い!などなど
また、どうしてもご予算と製作したいお衣装の仕様やデザインが合わない場合などは
あらゆる角度からご提案させていただきます。

 

 

ダンス大会においては、お衣装も審査対象のひとつ。
ダンスの素晴らしさは勿論のこと

あの衣装のチームね!

と衣装での印象もしっかり残せるようご提案&サポートいたします。

 

 

 

 

 

自宅でトレーニング

202032114747.jpg

先日は、通学途中など移動中に出来る
大幹トレーニングのお話をしましたが

本日は自宅で出来る、本格的な大幹トレーニングの基本中の基本プランクのお話を。

 

プランク。はダンスに限らず大幹を意識するためには
とても有用なトレーニング!

 

やり方は簡単、画像のように体制を保つだけです。

202032115915.jpg

ただし、人間どうしても楽な体制にカラダは逃げていきがち
画像の×のようにお尻が下がってしまったり、上がりすぎてしまうとかえって楽になってしまうプラス

背筋や腰で支えてしまうことになり効果が薄れてしまいます。

 

初めての方は30秒を3セットから始めると良いでしょう。
慣れてきた方は1分を2セット。

 

これだけです。
普段、特別意識しない腹筋の使い方など改めて意識することもできますし
はじめのうちは適度な筋肉痛が翌日には現れ、使った筋肉がどこなのか改めて実感することもできます。

 

もっと慣れてきたら、片方の足だけ開脚して腰と並行のところまで足をもってきます。
大幹とともに、大殿筋も鍛えることができるので、伸びのある柔らかく、足を上げたままキープする筋力の強化にもなります。

 

ただし、やはり体制に注意が必要で
足を開脚すると腰が横に逃げてしまい、犬のおしっこポーズになってしまわないように。
この時、骨盤や胴体は床と並行に保つことが大事。

 

 

 

さらに、体制を変えて横向き。

20203212659.jpg

こちらの体制では脇腹に適度な刺激も与えられるので
ウエストシェイプの効果も狙えます。

ただ、筋肉が付くほどやりすぎるとかえってくびれがなくなるので、極端にやりすぎませんように・・・。

 

 

世の中、大変騒がしいですが
こんな時だからこそ、練習再開の時にカラダがなまってしまわないように
自宅でも出来るトレーニングでしっかりカラダ作りを頑張っていきましょう!

 

 

フォトスタジオで楽しく撮影

202022892015.jpg

あまり、暗いニュースは避けたいところですが
昨夜は、新型コロナウィルスの影響から学校休校のニュースが日本中に駆け巡りましたね。

中学生や高校生の皆さんは、お休みが嬉しいなんてことよりも
テストや試験など控えていたりすることで、心配のほうが大きいようですね。

卒業式も縮小し、親御さんの出席を控えてもらうお願いなどが各学校から出ているようで
今年度卒業生の方は締めくくりがこのような事で、がっかりされていることでしょう。

 

また、ダンス部やダンスサークルの皆さんは春の大会に向けて練習に余念のないところではありますが
イベント関連も自粛モードの中、春のダンス大会が開催されるかも心配となってくるところです。

 

 

しかし、こんな時こそ発想の転換で自粛モードの中でも楽しめる何かを!
フォトスタジオを借りての写真撮影などいかがですか?

 

 

パフォーマンス用の衣装を着ての集合写真であったり、パフォーマンス中の写真などは
機会がありすでにお持ちでしょう。

 

フォトスタジオで、ダンス衣装や好きな衣装を着て、好きな音楽をかけて、自由に踊っているところを撮影してもらったり
構図の凝った、あー写ふう写真の撮影など。
気の合う仲間たちとの素敵な思い出になること間違いなし。

 

仲間同士、お化粧を直しあったり、ヘアメイクをしたりそれだけでもとっても楽しい。
そして普段は撮れない写真の出来上がりを待つのも、また違った楽しさ。

 

ロッシュブランではダンス衣装製作はもちろん
ヘアメイクや、フォトスタジオ、カメラマンの手配も可能です。

 

ご予算に合わせたクオリティで
お衣装製作、ヘアメイク手配、カメラマン手配、スタジオ手配など
パッケージでのご提案も可能です。

 

楽しい思い出作りのサポートも是非、お任せくださいね。

 

 

ダンサーに筋トレは必要か?

2020226112831.jpg

答えは、半分YES!で半分NO!

 

レッスン中、カラダの弱い部分が見える事があります。
指導の過程でそのような話の時に情熱に燃える人ほど、では筋トレに行こう!

という発想に結び付く方がとても多いのですが
ダンスに必要な筋肉は、ダンスでつける事が一番なのです。

ただ、筋トレと一言で言っても目的に応じて多種多様で、どのような筋トレをイメージしているかまでは
不明ですが、恐らくハードな負荷をかけたトレーニングを想像していることでしょう。

 

先日のブログでも書いたように
大幹トレーニングなどはとても大事ですし、是非積極的に行っていくと良いですね。
しかし、ハードな負荷をかけるトレーニングで使う筋肉の機能と、ダンスで使う筋肉の機能は違うのでダンスで使う筋肉は、
やはりダンスで鍛えることが一番のトレーニングになります。

 

筋トレなどで負荷をかけてトレーニングをするとダンスとは違った形で不安定であった間接の安定が
生まれたりと、良い面もありますが
そのような筋肉は伸びがなく固いので、今まで出来ていた大技ができなくなったり、カラダが固くなったり
するリスクもあります。

ただただ、筋量を増やすようなトレーニングではなく
カラダの使い方に役立つトレーニングは大幹トレーニング同様、是非積極的に取り入れていくと良いでしょう。